ブログ

いつき会ハートクリニック

  • 2021/10/01
  • 新着情報

2021年10月中の終診時刻変更のご案内

以下の3日は臨時的に終診時刻が早くなります。

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
10月14日 18時00分~ 講演会司会
10月19日 17時30分~ 会議出席
10月27日 18時00分~ 会議出席

あなたにオススメ記事

2019/01/31

院長ブログ

ロキソプロフェンNa(ロキソニン)に注意
 人工弁置換術後や心房細動などで処方される抗凝固薬のワルファリンというお薬があります。
 当院のように循環器疾患の患者さんが多く通うクリニックではよく処方します。(約170人)
 ところが、このお薬は、ほぼ毎月採血をしてPR-INRという値(血液凝固=血液の固まりにくさの指標)を測定してからでないと処方量が来まらない、やっかいな薬です。
 その上、他の薬剤との相性によって増強され(相互作用)異常に血液が固まりにくくなって、出血しやすい状態になっています。
その薬剤の代表的なものが、解熱鎮痛剤のロキソニン(ロキソプロフェンNa)です。(他、抗尿酸薬や脂質異常症の薬)
ロキソニン(ロキソプロフェンNa)は、NSAIDsという種類になりますが、NSAIDsとくにロキソニンはワルファリンを増強して血液の凝固を抑えてしまうため、極めて血液が固まりにくい状態になってしまいます。
このことをよくご存じでない整形外科の医師や内科の医師などが、お薬手帳でワルファリンを内服していることがかかれているのに、認識不足や勉強不足のために、安易に処方してしまったけっか、患者さんが脳出血は臓器出血などの不利益を被ることになりかねません。
実際に、このようなことはしょっちゅう起こっています。
これは、処方する医師の方で注意すべきことですが、あまりにそのような医師が多いので、患者さんの方でも注意しておいてください。

2021/10/01

新着情報

2021年10月中の終診時刻変更のご案内
以下の3日は臨時的に終診時刻が早くなります。
ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
10月14日 18時00分~ 講演会司会
10月19日 17時30分~ 会議出席
10月27日 18時00分~ 会議出席

2021/10/07

新着情報

ファイザー社新型コロナウイルスワクチンの追加予約再開
ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン(コミナティ)の供給が再開され、当院にも若干ではありますが予約が取れるようになりました。ご希望の方は御連絡ください。

2021/11/25

新着情報

禁煙外来中断のお知らせ
現在、禁煙外来に使用する内服薬が販売中断になっている関係と、それにともないパッチ製剤に出荷調整がかかってしまい、薬剤を用いた保険診療の禁煙外来ができない状態になっています。
ご理解のほどよろしくお願いします。

このような記事も一緒に読まれています。

2021/09/03

新着情報

2021年9月3日 TBSテレビ あさチャンなどで報道
2021年9月3日 TBSテレビ あさチャンなどのニュース番組で新型コロナウイルス感染症疑いの患者さんのオンライン診療や新型コロナウイルス陽性の自宅療養者のフォローを行っている様子が放映されました。(動画左上の時刻で6時59分)


https://www.youtube.com/watch?v=yPwsa3rlcnA

2021/09/06

新着情報

新型コロナワクチン接種後の抗体検査について
新型コロナワクチン接種後の抗体検査について
 当院では、以前から新型コロナワクチン接種前後のスパイク蛋白質(S蛋白)抗体検査を行っています。
抗体価を、上限なしで正確に測定結果を出してくれるアボット社のものを採用しています。
 現在接種が行われているmRNAワクチンは、ウイルス表面の感染成立に重要な役割を果たす「スパイクタンパク質(S蛋白質)に対する抗体」を誘導することで、新型コロナウイルス感染症の発症予防効果を発揮するものです
 S蛋白に対する抗体検査は、ワクチン接種後の抗体獲得の評価として有用と考えられ、精度も十分に高いことがわかっています。

◎スパイクタンパク質 (S蛋白質)抗体検査
対象
過去の感染の有無、ワクチン接種後の抗体価がついた確認したい方。
ワクチン接種後については、2回目の接種後28日以降の検査を推奨しています。
検査方法 血液検査
検査期間 1~3日
費用 5000円
結果 来院もしくは希望者は輸送またはメールでのでの結果送付をします。
試薬名 ARCHITECT SARS-CoV-2 IgG II Quant (アボット社)
 

 なお、以前に行っていた「ロシュ・ダイアグノティックス社のIgM/IgG抗体検査(8000円)」についても引き続き実施しています。
いずれもウイルスの遺伝情報に関わるヌクレオカプシドタンパク質(N蛋白質)に対する抗体検査で、過去の感染有無の評価に適しています。
2021年7月に国立医薬品食品衛生研究所の検査で十分な精度が確認されており、S蛋白の抗体検査との同時測定も可能です。

2021/09/25

新着情報

2021年度 季節性インフルエンザウイルスワクチン接種について
医師会のルールのもと、2021年10月から季節性インフルエンザウイルスワクチン接種を開始しますが、対象者を絞って開始します。
対象は、
1. 65歳以上の高齢者
2. 60歳以上で罹患した場合に症状が重篤になる危険性がある基礎疾患のある方
となります。
いずれも、予約が必要です。
2021年度の季節性インフルエンザウイルスワクチンは供給量が昨年の65%程度になる見込みです。
これは、全世界的にインフルエンザウイルスはほとんど蔓延している地区がないことなども考慮されてのことと推測されますので慌てる必要はありません。

2021/09/07

新着情報

9月の診療のご案内
下記の日程は院長が会議に出席のため、診療時間を変更させていただきます。

9月7日(火) 19時まで
9月15日(水) 18時まで
9月30日(木) 18時まで

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

menu

Tel03-3602-1810(予約優先)

TOP